三つ峠登山 平成30年9月23日(日)

秋雨前線の影響と用事が重なり遠出はできず。23日(日)は貴重な晴れ予報なので富士山展望とかみさんにも手ごろな三つ峠に登った。 御坂側の登山コースではなく膝の不調のかみさんにはちょっと負荷がかかるが「達磨石コース」から登る。 コース 達磨石登山口→股のぞき→馬返→八十八大師→三ツ峠山荘→三ツ峠→四季楽園前→八十八大師→馬返→股のぞき→達磨石登山口 …

続きを読む

今年37回目の大山登山は何時もの日向から 平成30年9月17日(月・祝)

昨日に続き今日の大山登山は何時もの日向コースを登る。山頂からは久しぶりに綺麗な姿を見せてもらいました。いいね 富士山。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 日向登山口の駐車場に5時に着く。天気の良い日曜日だが先行車はなし。大山隊の皆さんも来ていません、静かな登山口です。 5:…

続きを読む

今年36回目の大山登山はヤビツ峠から 平成30年9月16日(日)

湧水を「護摩屋敷」の水場にいただきに行く、その時、何時も「三ノ塔」登るのだが今日はお目当てがあるのでヤビツ峠から「大山」に登る。 コース ヤビツ峠→下社合流点→大山→下社合流点→ヤビツ峠 家を5時に出る、秦野市から宮ケ瀬湖に通じる県道70号線を走り護摩屋敷に着く。2週間ほどの水を汲んでヤビツ峠へ。駐車場は連休とあって満車状態。それでも何とか止められた…

続きを読む

石割山・大平山登山 平成30年9月9日(日)

このところ天気が良くないのですが、富士山周辺は曇りながらも山に登れそうな天気なので、先日の「越前岳」に続き今回は山中湖側の「石割山」から「大平山」に登ってきました。湖北に降り予定していなかった循環バス乗車は幸運の連続に感謝です。 コース 石割神社駐車場→東屋→石割神社→石割山→平尾山→大平山→湖北バス停⇒石割山入口バス停→石割神社駐車場 朝のうち…

続きを読む

越前岳登山 平成30年9月6日(木)

秋色の越前岳に登って来た。登山口のススキの穂が色付き始め、暑かった夏もようやく秋の入り口に来たようです。ガスと強い西風に吹かれTシャツだけでは肌寒くパカー着用、汗も出ず行動はしやすい。 コース 十里木登山口→→馬の背展望台→平坦地→越前岳→平坦地→馬の背展望台→展望台→十里木登山口 家を出たのが4時50分、いつもの「246号」は順調に走り十里…

続きを読む

今年35回目の大山登山 平成30年9月1日(土)

早々に秋色漂う大山の斜面。 稲穂が色ずき、柿の実も黄色になりつつ、今日から9月。大山に登って「秋が来ているんだな」って思える景色に出会いました。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 何時もの大山日向登山口駐車場に4時55分に着く。先行車は3台、大山隊のEtさんとSDさん、すでに出発した後。もう一台の…

続きを読む

金時山登山 平成30年8月29日(水)

毎日暑い日が続く、今日は曇りで山は涼しいだろうとかみさんのお手軽山登りに一緒に行く。場所は箱根の「金時山」。 コース 金時神社駐車場→金時神社→金時宿り石→矢倉沢峠分岐→金時山→矢倉沢峠分岐→矢倉沢峠→仙石登山口→金時神社駐車場 今日、29日(水)は曇りで明日、30日(木)は晴れの夏日予報になっている。このところの猛暑にうんざりしているので曇りの…

続きを読む

テンニンソウを見にヨモギ平へ 平成30年8月27日(月)

人の訪れも少ない静寂のヨモギ平。 今年の5月27日にヨモギ平に登り一面を覆うテンニンソウの群落の緑が鮮やかで花の咲くころはさぞ見事ではないかと秋の再訪を計画していた。 そこに、山〇ゃんのブログに三ツ峠山の「テンニンソウ」が咲いたとあり丹沢ではまだこれからと思っていたが気になるのでさっそく登って来た。 コース 菩提峠駐車場→(日本武尊足跡コース)→二…

続きを読む

サガミジョウロウホトトギスを見に

登山記録のブログを見ると、A〇さんの8月22日の記録に「サガミジョウロウホトトギス」の開花記録があった。咲くのは9月に入ってからだろうと思っていたのでびっくりです。 そんなわけでのんびり構えていたが咲いたとなるとじっとしていられない。さっそく行ってきました。 コース   花の咲いている場所は皆さん伏ておられるので当ブログもコースは投稿しません。想像して…

続きを読む

今年34回目の大山登山 平成30年8月25日(土)

第二ベンチ付近の「ケヤキ」朝の斜光を受ける。 今日は登山道わきに立つ大きな木を見てみましょう。巨木ではないがそれぞれ存在感があります。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 何時もの日向登山口駐車場に4時50分に着く。先行車は1台、大山隊のEtさんだ、もう出発した後。 5:00 …

続きを読む

今年33回目の大山登山 平成30年8月22日(水)

「マルバダケブキ」の花に舞う「アゲハチョウ」 巷では一時の秋風もその後夏日となり相変わらず暑い日が続いている。 (大山のマルバダケブキは開花が進んでいるのだろうか) 今日は「マルバダケブキ」を見に大山に登ってみよう。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 寝坊をしてしまい出発が遅れた。日向登山…

続きを読む

竜ヶ岳登山 平成30年8月18日(土)

空気が爽やか、秋の気配漂う青空の下、綺麗な富士山。 この時期どこに行っても混雑するので遠出は控えていた。連日の暑さも台風の通過で一段落か? 天気予報の「おねいさん」が乾燥した晴れと言うのでかみさんの歩けそうな手ごろな本栖湖の「竜ヶ岳」に登って来た。 コース 本栖湖キャンプ場駐車場→林道登山口→石仏→分岐→竜ヶ岳→分岐→石仏→林道登山口→本栖湖キャンプ場駐…

続きを読む

今年32回目の大山登山 平成30年8月16日(木)

見晴台から大山を見る。 8月6日以来の大山登山。少し秋らしくなった朝の風が心地よい。しかし登った大山山頂は大荒れの天気だった。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 日向登山口駐車場に4時25分に着く、先行車はいない。準備をしていると大山隊のOgさんが来た。しばらくぶりだ。一緒に登る。 …

続きを読む

戦場ヶ原ハイキング 平成30年8月10日(金)

朝の戦場ヶ原、存在感を見せる「太郎山」。(中央) 昨日宇都宮まで所用で来た。10日の午前中、時間が取れたので奥日光の「戦場ヶ原」を歩いてきた。 「戦場ヶ原ハイキング」のタイトルは、今回は山の中だが山頂はない。「トレッキング」か、「ハイキング」か、それとも「散策」かなどと思いめぐらしたが結局「トレッキング」ではなく「ハイキング」とした。それは山道を歩く「トレッキング」で…

続きを読む

今年31回目の大山登山 平成30年8月6日(月)

山頂直下の「リョウブ」の花。 明日からしばらく雨の予報なので今日は大山に登る。連日の暑さが続き標高1252mの大山も例年にない暑さ、何時まで続くのやら。 コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 日の出が4時50分ごろと遅くなりそれに合わせて日向登山口駐車場に5時に行く。今日も先行車はない。大山隊の皆さん…

続きを読む

三の塔登山 平成30年8月4日(土)

今日は、月に2回ほど行く「護摩屋敷」の湧水を採りに行く。ここは丹沢表尾根の登山口でもあり、ですから登らないわけにはいかないのです。でも、何時ものトレーニングを兼ねての「三ノ塔」までのお手軽登山です。 コース 菩提峠駐車場→林道登山口→二ノ塔→三ノ塔→二ノ塔→林道登山口→菩提峠駐車場 朝4時に起きると少し前に雨が降ったようだ。軽い食事をし家を出る。まず…

続きを読む

今年30回目の大山登山 平成30年8月2日(木)

コース 日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場 ちょっと遅めの4時45分に日向登山口駐車場に着く。先行車はなし。大山隊も誰も今日は見えない。 5:00 準備をして出発。 林道上まで来ると日の出、いいね。 5:08 林道登山口。 お地蔵さんを過ご…

続きを読む

日々の出来事 成30年7月31日(火)

今日で7月も終わり盛夏から残暑へ 8月になる。ここ一週間できごと。 7月25日(水) 前日、夜遅く尾瀬登山から帰って、今日はテントを干したり登山用具のかたずけをする。 7月26日(木) 先週からの猛暑で尾瀬登山の疲れが取れない、食欲は変わらず旺盛なので問題はないだろう。 7月27日(金) 暑い、暑いだけでは疲れもなかなか抜けないので午前…

続きを読む

花と涼を求めて尾瀬へ え?花は、涼は・・・  その―2

「花と涼を求めて尾瀬へ え?花は涼は・・・」その―1 からの続きます。 7月24日(火) 3時半に起きて湖畔に行く。昨日と同じ場所、まだ誰もいません。 風があり朝霧が流れてしまう。 間もなく風も止み、よいかな。 湿原は。いいね。 明るくなって。いいね。 朝焼けは。まあ良し…

続きを読む

花と涼を求めて尾瀬へ え?花は、涼は・・・  その―1

平成30年7月23日(月)~24日(火)に行ってきました。 7月22日(日) 午後2時に家を出発。日曜日の午後とあって下りの道路はスイスイ走行。圏央道・関越道を走り今日の目的地、 明日の登山口の「大清水」に着く。 売店のおばちゃんがいて店は終わったが泊のお客が「涼を求めて表でビール」にお付き合いだと言い、「今日お泊り?」と声をかけてきた。「ここは山の中だから夜…

続きを読む