三ノ塔 令和2年6月17日(水)曇り時々晴れ

何時ものように「護摩屋敷の湧水」へ。そして「三の塔」にも登る。
IMGP0221.JPG



歩いたコース

菩提峠P→日本武尊の足跡→二ノ塔尾根→二ノ塔→三ノ塔→二ノ塔→林道登山口→菩提峠P


菩提峠駐車場は貴重な梅雨晴れで20台が泊まっていた。



8:10 日本武尊の足跡コースからスタート。
IMGP0185.JPG
このころまでは青空で良かったのですが。



樹林帯に点々と咲く「サワギク」
IMGP0186.JPG



IMGP0188.JPG
適度な間隔で密ではないな。



ヤマボウシも満開に。
IMGP0191.JPG



「エゴノキ」も咲く。
IMGP0192.JPG



9:00 日本武尊の足跡。
IMGP0198.JPG
何度も見ているので今日も先へ進みます。



林は緑がが綺麗です。
IMGP0202.JPG




9:09 二ノ塔尾根に着く、(日本武尊の足跡下降点)
IMGP0204.JPG



ここから富士山が見えるのですが、雲が出てしまいました。
IMGP0205.JPG



何の花?、とカメラを向けると、ひらあ~りと飛んで蝶がとまってくれました、ラッキー。
IMGP0208.JPG



「ヤマツツジ」は終盤でした。
IMGP0209.JPG



「ガマズミ」も咲く
IMGP0210.JPG



ここにも「ヤマボウシ」咲く。
IMGP0212.JPG



綺麗に咲いた「オダマキ」。
IMGP0213.JPG
ここで見られるとは、まだ先に咲く花ですよね。



「ヒメウツギ」
IMGP0214.JPG
駐車場や林道では終盤でしたが、山頂に近くなるときれいに咲いている。



9:35 二ノ塔に着く、雲で展望もなく先に進み。
IMGP0219.JPG
二ノ塔と三ノ塔の鞍部はキレット状で両側が切れ落ちた崩壊地、台風で荒れた個所が歩き易く修繕された。

以前この崩壊地で荒れた登山道の丸太についていた長いボルトにつま先をひっかけ数m転落した、さいわい仮設の虎ロープにつかまって滑落は免れた地。
これで皆さん安心して歩けますね。



9:55 三ノ塔に着く。
IMGP0220.JPG
雲が湧く。




表尾根を展望。
IMGP0221.JPG
富士山は見えず、塔ノ岳にも雲がかかり始める。



お地蔵さんの下降点まで行ってみます。
IMGP0223.JPG



「シモツケ」が咲き始めています。
IMGP0225.JPG



戻って、大山。
IMGP0230.JPG



何時ものコーヒータイム休憩して降ります。(10:50)


二ノ塔の鞍部へ降りていくと。
IMGP0233.JPG


「ハンショウズル」が咲いている。
IMGP0234.JPG



11:14 二の塔からは表尾根コースで下りる。
IMGP0237.JPG



ガレバまで降りると山頂付近ではツボミだった「シモツケ」が咲いている。
IMGP0238.JPG



緑の林に映えるヤマボウシの花。
IMGP0240.JPG



12:13 林道登山口から林道を歩き駐車場に着く。
IMGP0245.JPG


車はさらに増えていました。


予報では晴れと言うけれど最近、丹沢の山は雲の覆われることが多いように思う、町では確かに晴れですが。


オダマキの花、シモツケの花が咲き、自粛、自粛と言っている間に季節はどんどん先へ、夏山の状況もまだわからず今年は登れるのかなと?思うばかり。

"三ノ塔 令和2年6月17日(水)曇り時々晴れ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: