サンショウバラ咲く不老山へ 令和2年6月7日(日)晴れ

この日は天気も良く涼しいと、サンショウバラを見に行く。
IMGP0057.JPG


駿河小山で246号を降り、柳島集落を過ぎ山口橋、ここまでかなと、まだ進めそうなので行ってみる。

不老ノ滝約100m手前でゲートが有り車はここまで、土砂が堆積した跡に駐車、最初に着く。


6:50 長い林道歩きの始まり、緑を見ながらスタート。
IMGP0046.JPG



これはすごーい。
IMGP0048.JPG
まさに芸術品、丸太で出来た正方形、ぜーんぶ木で工事されている。コンクリート不使用か?(遠目に見た範囲では)。



またまた、びっくり、手前の樹間越しに大滝かと。
IMGP0049.JPG
近づいて見ると「水路」のようだ。



長い林道もいろいろ見て世附峠、サンショウバラの丘に行ってみた、花は散ってしまった。
IMGP0061.JPG
一輪だけ残り花。




不老山はどうだろうか、峠から登る事50分。
IMGP0071.JPG
こちらは咲いていました。



IMGP0075.JPG



IMGP0077.JPG



IMGP0083.JPG



IMGP0084.JPG
今年はあたり年のようだ、花付が良い。


IMGP0085.JPG



IMGP0082.JPG



IMGP0089.JPG



IMGP0091.JPG



テーブルが有り暫しコヒータイム。マスクで登山、4組の方が登って来られた。



これを見て来た道を降ります。
IMGP0093.JPG




林道に咲く「ヤマボウシ」
IMGP0095.JPG




危なっかしい崖を下りて見たのは「エゴノキ」
IMGP0096.JPG



IMGP0097.JPG



11:36 不老滝の林道ゲート駐車スペースに降りた。車は4台停まっている。
IMGP0104.JPG



花としては3~4日ほど遅かったようだが、きれいな花を見られた。




登山も様変わり。

テーブルに先着の方がおられた、私たちもテーブルに着くと先着の方は離れた場所に移動され、はて? と。

後続の方はテーブルに来られた、必要以外に話はせず。

下山中も何組も登って来たが最近は挨拶も控えめ、しない方も(これは前からいたか)、近づく手前であごに掛けたマスクをひょいと着け返す。など。


ソーシャルでスタンスですか?


暫らくは、世の動きに合わせた行動をとり静かに登山を楽しみましょう。









"サンショウバラ咲く不老山へ 令和2年6月7日(日)晴れ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: