「鍋焼きうどん」に大行列 黄葉の鍋割山 令和元年11月17日(日)晴れ

DSC_0170.JPG
天気も良く、800m~900mで黄葉の見ごろになっていました。


表丹沢県民森駐車場は台風被害で路上駐車になるようです、混雑を避け今回は「寄バス停」から登ることにしました。

ちょっと長いコースになるが?



コース

寄バス停P→櫟山→栗の木洞→後沢乗越→鍋割山→後沢乗越→栗の木洞→櫟山→寄バス停P



寄バス停の駐車場に6時に着く、朝は冷えています、雲が多いながらも天気はよさそう。



6:15 準備をして民家の道路からスタート。
DSC_0113.JPG



案内板に従って何度も角を曲がり山道に入る。暫らく植林地。


櫟山が近くなって少し色ずく。
DSC_0116.JPG



DSC_0118.JPG



8:04 櫟山に着く。ここ東側一帯が表丹沢県民の森で駐車場が有り車の方はそこから鍋割山にのぼる。
DSC_0119.JPG



8:25 櫟山からは展望のきかない植林地を歩き「栗の木洞」に着く。
DSC_0120.JPG



9:00 後沢乗越で休憩。
DSC_0122.JPG
黄葉越に鍋割山方面。


後沢乗越に合流するとがぜん登山者が多くなった、若いグループが多い。我々年代は最近めっきり少なくなったね。
その若いグループ登山者は山荘での行動は?



この辺から紅葉が綺麗になってきました、標高800m。
DSC_0124.JPG



明るい陽射しに紅葉が映えます。
DSC_0128.JPG



DSC_0133.JPG



左のこんもりした山は「花立て」右奥に「三ノ塔」とさらに奥に「大山」
DSC_0139.JPG



10:47 鍋割山山頂に着いた、雲が多いが富士山は見られた。
DSC_0142.JPG
山頂広場はたくさんの人、皆さん鍋を食す方多数。


富士山の右には冠雪した南アルプスの山。
DSC_0143.JPG



左側は愛鷹山と箱根の山。
DSC_0147.JPG



箱根の山も。
DSC_0144.JPG



ここで昼食休憩、我が家はおにぎりとカップ麺です、お隣さんは「アルミ鍋の鍋焼きうどん」でした。



11:35 富士山を撮って下ります。
DSC_0146.JPG



ここでビックリギョウテンの光景が。
DSC_0149.JPG
なんと登山道に並ぶ人、ひと・・・・長い行列、鍋焼きうどん待ちの長蛇の列。あきれた。



高い陽射しにリンドウが開いた。
DSC_0151.JPG



DSC_0137.JPG



DSC_0153.JPG


まだ登ってくる登山者をかわし紅葉を見て降ります。


DSC_0154.JPG



黄葉越の富士山。
DSC_0156.JPG



DSC_0158.JPG



DSC_0161.JPG



同じような写真ですが、
DSC_0163.JPG



DSC_0170.JPG
鍋割山の黄葉も終盤です。



DSC_0171.JPG



これから登り返す「栗の木洞」
DSC_0174.JPG



DSC_0180.JPG



陽に輝く金色の黄葉。
DSC_0186.JPG



寄集落近くまで降りてきました。
DSC_0190.JPG
茶畑の展望地から見た里山の黄葉。



15:00 今日も無事に駐車場に降りてきました。
DSC_0191.JPG
駐車場のカエデの紅葉。



寄バス停から登り後沢乗越まで静かな山登りが出来正解だった。

黄葉は山頂では終わり800m~900mでは陽射しもあってきれいな黄葉が見られた。

「鍋焼きうどん」人気は凄いの一言、鍋割山の名物は凄い。草野パワーか?


"「鍋焼きうどん」に大行列 黄葉の鍋割山 令和元年11月17日(日)晴れ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: