黒川鶏冠山 令和元年11月4日(月)

黒川鶏冠山の山頂はどこか? ここが山頂か? と思われる三つの頂きに登った。

最初の山頂は。直下の分岐の道標に 鶏冠山(黒川山)と書かれている。
DSC_0068.JPG
ここ、国土地理院の三角点がある 1710m


次に登ったのは、鶏冠神社のある 1700m
DSC_0060.JPG
ここには「山梨百名山」の標識が立っている。


最後に登った 鶏冠山(見晴台)山頂 1716m
DSC_0071.JPG
尖った岩場からの展望はここが一何良かった。



昨年この時期に登山口の「柳沢峠」から大菩薩に登った、紅葉が大変良かったので今回は黒川鶏冠山に登って来た。


7時頃柳沢峠に着くと駐車場には5台の先行車がある、山やさんかは?

食事をしたり、準備していると、ぼつぼつと登山者の車が来る。


7:45 出発する。
DSC_0035.JPG
陽が入った方が紅葉は映えるので何時もの行動よりはゆっくりの出発だ。



谷筋の斜面は陽がまだ入らず紅葉は茶系かな。
DSC_0041.JPG



このルートは苔も美しい。
DSC_0042.JPG



六本木峠を過ぎると道は横手山峠まで紅葉の中を緩やかに下って行く。
DSC_0046.JPG



ジムニーなら通れそうな登山道をゆく。
DSC_0049.JPG



そうはさせないよと、台風19号か?
DSC_0050.JPG
極太の倒木が遮る。



9:23 横手山峠。
DSC_0056.JPG
ここからは緩やかに登って行く。



9:50 三角点の山頂に着く。
DSC_0068.JPG
木に囲まれ展望は良くないが背後の山は大菩薩嶺。



10:09 足もと不安定な道を登り鶏冠神社へ。
DSC_0059.JPG
ここは以前来た時と違うな、木で周囲が見えず、リボンを頼りに進むと。


有りました、鶏冠神社山頂。
DSC_0060.JPG



富士山は見えませんが、ここから見ると尖った大菩薩嶺が見ることが出来た。
DSC_0061.JPG



山頂は岩山。
DSC_0064.JPG
足もとは切れ落ちています。



分岐に戻り、見晴台へ(10:48)
DSC_0071.JPG
この時間大菩薩嶺は厚い雲に覆われてしまいましたが、笠取山、雲取山方面の展望が良かったです。


少しの休憩で往路を戻ります。


陽が高くなって紅葉はさらにきれいに。
DSC_0081.JPG



DSC_0084.JPG



このルートは登りも緩やかでほとんど平坦な道、のんびりと紅葉を楽しむには最適なるーと。
DSC_0094.JPG



DSC_0095.JPG



DSC_0099.JPG



DSC_0101.JPG



風もなく暖かい、入山者も少なく、登山道は荒れず、ふわ、ふわ、と柔らかい、乾いた落ち葉の音、のんびり登山にはもってこいのルートだ。
DSC_0104.JPG



DSC_0106.JPG



DSC_0109.JPG



DSC_0112.JPG



黄葉の向こうに喧騒なバイクの音が聞こえてくる。
DSC_0117.JPG



今日の紅葉登山は終わる。
DSC_0120.JPG


三つの山頂はそれぞれの主張が有り、三角点であり、平坦なルートをたどって最後の岩場を登った達成感であり、尖った岩の上からの展望とそれぞれの良さが有り、ここは三つのピークを登って黒川鶏冠山登頂としましょう。


今年の紅葉はあまりよくないと言う、ここも昨年と比べると少し劣るようです。

写真はレンズの画角を替えたりして良いところを見ているので少し割引いてみてくださいね。

朝はぶるっとしますが、日中は陽も上がり風もなく暖かな陽だまり登山、良いところの紅葉を見ながら良い一日でした。






"黒川鶏冠山 令和元年11月4日(月)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: