大山の夜景とナイトハイキング 平成31年1月19日(土)

画像




毎年、この時期は空気が澄み大山の夜景を写真を撮りに、今年は大山隊の方達と登り観てきました。

仕事の都合もあり土曜日の夜、1月の19日にした。これを外すと積雪が予想され夜道の下山は危険が伴うので今年は見られなくなる。

Onさんに天気予報担当をお願いした。皆さん予定があり、とか、晩酌を大事にしたいから、とか、結局OnさんとOgさんの3人となった。

当日、高気圧の張り出し位置などから雲の心配があるとOnさんの意見、雲があっても天ではなく地を見るのだから何とかいけるだろうと決行する。



コース
日向登山口駐車場→見晴台→広沢寺分岐→大山→広沢寺分岐→見晴台→日向登山口駐車場



日向登山口に集合。出発は14時。
画像

駐車場は谷まで日が入らず夕方の様。当然これから登る者などいるわけもなし。我らのみ。



尾根に出ると陽が射し風もなく快適。
画像




16:10 山頂着。若者が大勢いて山頂は大変騒がしいので一段低い東側に陣取る。

風はなく過ごしやすいが写真にはモヤっぽいな。Onさんお言う通りだ。


準備をして、北側の展望地から日没を撮る。
画像

富士山の上に分厚い雲があり嫌な風景だが。



なんとか工夫し撮る。
画像




画像




左は愛鷹山の越前岳。だんだん赤く染まり濃くなる。
画像




画像




富士山を入れて。
画像




画像




そして日没が。
画像




17:03 少しモヤがあり夕焼には綺麗で良かったですが、残念ながら最後まで富士山の上の雲は晴れませんでした。
画像

構図にちょっと苦労したが自然ですから良しとしましょう。



東側の展望地に戻り次は夜景撮りですが、その前にOnさんの「暖かいもの作り」、バーナー、鍋、重い水等々寒い中今日の逸品は「トン汁」です。  (暗くて撮り忘れてしまった)



夕景

17:22 マジックアワーと言われる時間帯ですが。
画像

地上が少し負けてます。


17:25 
画像

この時間が地と天のバランスが良いか。地上奥に雲があり残念。


17:31 
画像

地上が明るく見えて丁度良いかな。



夜景

18:03 美味しい「トン汁」を頂き暖まりました。
画像




画像




レンズを仰いで撮っていたら。
画像

フィルターの表面が凍結。風がほとんどなく夜露が真っすぐに降り、気温が低く、周りは真っ白、カメラの保護が追いつきません。



今日は空気が重たい感じで夜景には万全ではないようだ。
画像

東京タワーやスカイツリーなどよく撮れませんでした。



江の島のエルミネーション「江の島シーキャンドル」良く見えて。これはいいね。
画像




18:19 東名厚木のジャンクション付近かな。
画像

S字が車のライトにて描かれお気に入りの夜景です。  トップ画像


これにて撮影終了。荷をまとめ暗い夜道を降ります。 


18:50 ヘッドライトを明るくして。夜道ですので慎重には慎重にゆっくり、さらに鎖場はより慎重に、降りました。


19:56 見晴台から「夜の大山」。
画像

飛行機が描く光線は映らなかった。


21:15 無事駐車場に降りた。


今の冬も大山隊の皆さんと夜景が見られた。山頂から見る夜景も素晴らしいが、下山時見晴台まで終始夜景見物。下るにつれ近ずく街の輝きに圧倒された。


大山は夜景の超絶景スポット。でも勧められませんね、夜歩きには行程が長く危険です。特にこれからは降雪期で夜道の下りは危険、鎖場もあり不可能でしょう。


登る場合は、暖かくなってからヤビツ峠からが良いかなと思います。が、昼間の登山を何回か経験してからにしましょうね。


"大山の夜景とナイトハイキング 平成31年1月19日(土)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: