明星ヶ岳登山 平成31年1月18日(金)

画像




箱根の「明星ヶ岳」では毎年8月16日の夜には、箱根強羅夏祭りの大文字焼きと花火の打ち上げの祭りが行われる。

その明星ヶ岳に塔ノ沢から登って来た。


コース

塔ノ沢→塔ノ峰→明星ヶ岳→宮城野⇒(バス)→塔ノ沢


家から1号線で行く、塔ノ沢に6時20分に着く。駐車場は「函嶺洞門」の前、トイレあり。場所的に休日等は長時間駐車は控えた方が良いかもしれない。 (駐車出来る台数が少ない、トイレ等の利用者が多い)



6:50 日の出時刻に駐車場を出発。
画像

町中の登山口はややっこしい。塔ノ沢駅方面に進む。



駅への標識をみて階段を登り。
画像




画像

ここから、最初のポイント「阿弥陀寺」を目指します。



急な道や階段を登って山門に着く。
画像




7:27 阿弥陀寺。
画像

阿弥陀寺の右横を通り荒れた登山道を登る。



荒れた急な登山道を登り稜線に出るも藪っぽいルートが続く。なぜか展望はなし。
画像




8:28 静かな展望のない「塔ノ峰」山頂。
画像




少し休憩し先に進むと。
画像

右側が開け目指す明星ヶ岳が見られ。



丹沢の山々、東の大山から西の端まで一望できた。
画像

この風景を見て思い出した、以前何年前だったかな、ランニング仲間のナイトさん、Mtさんの3人でトレランで走ったことを思い出した、スミレが群生していた、春だったか。小田原駅からこのコースを走り、明神ヶ岳、金時山を越えて乙女口まで走ったことを。


一度林道を歩く。
画像



ここまで歩き再び登山道へ。車注意の看板があったが1台も通らなかった。
画像




ここからまた急登。そして最近どこでも見られる登山道の倒木。桜の大木でした。
画像

春にはさぞ綺麗に咲いたでしょうね、これだけの大木は。



風もなく林がなければ展望もよさそうだが、箱根笹もあり全く展望なし。ここは左へ進む。
画像




画像




その先は笹が低く箱根山が良く見えた。
画像




登り下りを繰り返し、今日はかみさん少々ばて気味、まもなく明るい場所に出る。
画像

山頂はまだ先のようだが。




11:17 最後の坂を上り明星ヶ岳に着く。山頂には「御嶽大神」と大きな石碑あった。
画像


ここで山昼食。すると晴れた空がみるみる黒い雲に覆われ風もでて急に寒く。一番陽射しが欲しい時なのに。


休憩時に通った登山者は2人、静かなコースです。


低い山なのだが、急な坂とアップダウンの繰り返しか、かみさんお疲れの様子で明神岳までの予定を変えここから降ります。
画像




ここから宮城野へ。
画像




大の字の場所上。そこからの展望。
画像




少し下って、大の字の場所下の展望。
画像




急な荒れた登山道だが、お祭りのため地元の方の補修か、それなりに階段等が整備された道を下り。



13:19 車道に降りた。
画像




車道を歩いていると季節は春か?とその光景に思わずパチリです。
画像




寄ってみると。(カメラでね)
画像

どうも節句の桃の様です。なんか可笑しいね色んなところで。狂っているよ季節が。




歩いていると珍しい道標を見かけました。
画像

何が珍しいかって。文字ですよ「登り口」ですよ、いろいろな道標に興味があり良くあっちこっちの山で道標の写真を撮るが表示は文は「登山口」が多いですよね。珍道標発見、パチリです。



ここにも。
画像





13:47 宮城野営業所前バス停到着。
画像




12:50のバスで塔ノ沢へ 590円なり。1号線渋滞することもなく到着。


帰りは温泉に。

今回の温泉は口コミでは評判の良くない「小田原温泉 八里」へ。なぜ評判の良くないところに行くかって?
口コミでは施設の古さ、脱衣場の男女仕切りが低いとかで、評価するのは泉質の良さが多くその泉質が気になり行ってみました。

確かに設備は古くて狭いとか評価が良くないのは仕方がないが、この界隈で源泉かけ流しの湯は貴重、これは◎でした、体が良く暖まり冷めない。設備と泉質が良く調和できればもっと利用客が来ると思いますが。

温泉好きは泉質で評価、立派な設備のスパに塩素を使用した温泉はちょっと敬遠します。山奥で素朴に味わう温泉が好き。



記事を書き終えて写真が微妙にブレているのに気付いた、先日の登山道補修で筋肉疲労かな、ちょっと気のゆるみ有り、ご容赦を。




"明星ヶ岳登山 平成31年1月18日(金)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: