いろいろあったけれど大平山・筑波山 平成30年4月4日~8日 そのー4

いろいろあったけれど大平山・筑波山 平成30年4月4日~8日 そのー3からの続きです。



筑波山登山


自然研究路を降ります。少し降りると東家があって風もなくここで山昼食にします。
画像



今日はカップラーメンに6Pチーズとステックコーヒー。
画像

Lightでは軽すぎ、「おにぎり」があったので雑炊にして満腹。



少し進んで岩の上から西側の展望。
画像



ここで判断ミス。ここは立身岩と見て先に進んでしまった。富士見岩だったんです。「梅林コース」はここから降るんです。登り返しはかみさんに却下されそのまま自然研究路を御幸ヶ原まで行き、筑波山神社コースを降りることにした。


自然研究路の様子。

ニリンソウ群生地。
画像



ここでは見頃のカタクリ。
画像



画像



画像



ユリワサビ。
画像



と、花街道でした。ここを過ぎると御幸ヶ原です。
画像




11:43 御幸ヶ原に着く。いやーもう、ものすごい人でした。
画像



11:49 休憩もそこそこに正面の電信柱から降ります。
画像



こちらにも「ニリンソウ」がたくさん咲いていました。
画像


画像



見事な階段。さすが人気の山良く整備されています。
画像



なんとまあ絵になるところを選びましたね、思わずパチリしちゃいました。いいね。
画像

「スミレ」の花は名前の由来が墨壷の形に似ているから言われます。連想すると墨とはちっとも綺麗ではないので好きでありません、そのような理由でスミレの写真は撮らなかったのですが、今日見たこの居住まいは見事、絵になりますよね。思わずパチリしてしまいました。

最近名前の由来が「墨壷」説ではなく「隅と取り紙」説もあると言うのを見て少し安心しました。
これ以上は長くなるのでカットしますが。どこかでまたにします。


12:21 男女川(みなのかわ)に着く。
画像



神社まであと1Kmまで降りてきました。あと少し。
画像



ミツバツツジ咲く。
画像



ここまで降りると神社はすぐ下。
画像




13:22 筑波山神社に無事降りた。
画像

弟が「健康になりますように」と願いしました。


傍らでは「筑波山ガマの油売り口上」を「筑波山ガマ口上保存会」の皆さんが実演。
画像




13:50 駐車場に戻りました。駐車場からは歩いた山頂が青い空と白い雲をバックにスカイラインを描き印象的な風景でした。
画像



曇り予報が一転晴れ、新緑と花を堪能しました。梅林コースではなく、自然研究路を歩き花との出会いが有り、こちらが正解でした。


筑波山は我が大山と同じ近郊にそびえる山、ケーブルカーがあって多くの登山者、ハイカーが気軽に登れる山でした。


筑波山を降りた後は、常磐道、首都高、東名高速と順調に走り、16時50分に家に無事着いた。



いろいろあったけれど大平山・筑波山 平成30年4月4日~8日 そのー1から4のブログアップがやっと終わりました。少々賞味期限が近付いた感じです。魚と同じ、ブログは鮮度が命と言われますので。



後日記、

その後の弟の様子ですが、手術から13日目となります4月16日(月)に退院することになり皆さんからいただいたご心配や、たくさんいただいた気持ち玉に感謝しております。

退院後しばらくは養生してから仕事に復帰する予定です。

最近の病院の治療はすごいですよね、今回は三度目の肝臓手術をしましたが13日の肝機能検査で正常、異常なしの結果だったそうです。それで退院が決まったわけですがまずは一安心です。本人も至って元気なんです。

今まで通り仕事に復帰できるでしょう。



"いろいろあったけれど大平山・筑波山 平成30年4月4日~8日 そのー4"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: