雨ヶ岳北尾根 令和3年10月6日(土)晴れ/曇り 前編

千円札の富士山写真でおなじみの「中の倉峠」から

北尾根ルートで「雨が岳」に登って来ました。

急登を登って着いた山頂は、霧で富士山が見えず残念、

しかし、紅葉に彩られた尾根歩きは素晴らしい登山になりました。


前編ではコースを辿って見ます、

コース

本栖湖浩庵キャンプ場→中ノ倉峠→中ノ倉山→佛峠→御飯峠→P1393→最後の鞍部→

(北尾根)→雨ヶ岳→端足峠→本栖湖畔線→(車道歩き)→本栖湖浩庵キャンプ場

ここはバリエーションルートになります。登山者の少ないコースで踏み跡は薄く、

大量の落ち葉がさらに踏み跡を被うっています。

天気予報、コースの事前情報を取っ入山してください。


前回の記録はこちら

https://oyama1252.at.webry.info/201702/article_13.html



場所は本栖湖の中の倉トンネルのところです。

早い時間でしたが週末とあって駐車場は満車でした、

「軽」の場所が空いていので助かりました。


多くのカメラマンが集まっていましたが、残念ながら富士山は雲の中。
IMGP4483.JPG



(7:05)準備をして出発。
IMGP4482.JPG
中の倉峠までは階段等で歩き易く良く整備されています。


30分ほどで、千円札の富士山撮影場所に着きます。
IMGP4485.JPG
紅葉の時期でもあり天気が良ければ富士山が素晴らしいのですが。



ここから先は明確な登山道はありませんが、
IMGP4494.JPG
このような道標があり。



紅葉に染まる「中の倉山」が見えます。
IMGP4497.JPG



IMGP4499.JPG



尾根伝いに進みます。
IMGP4502.JPG


このように落ち葉におおわれ土は見えません、カサカサと踏んで気持ちいい。
IMGP4509.JPG



(8:27)中の倉山に着く
IMGP4511.JPG



IMGP4523.JPG



ぼこぼこと幾つかのピークを越え、ずれも急登、急下降。



(8:56)釜額への分岐に着く
IMGP4529.JPG



分岐、写真中央のリボンがコースサイン、
IMGP4531.JPG
地図上ではここが「佛峠」になります。



(9:03)「佛峠」に着く、道標で「佛峠」になります。
IMGP4534.JPG
佛峠から階段が?ここを登ります。


ここで休憩、後半に備えエネルギー補給。



途中、時々ある道標
IMGP4536.JPG



意味不明?
IMGP4541.JPG



ここは「御飯峠」
IMGP4543.JPG



このような場所で、P1333を下ったあたり。
IMGP4545.JPG
落葉した疎林に陽だまり、何時までも休んでいたいところ、だが。



コースサイン
IMGP4546.JPG



こんな所もあり、
IMGP4552.JPG



P1393で左の尾根に入るのを見落とし真っすぐ行くルートミス。

倒木が左へのルートを隠していました、注意箇所ですね。

ここがコース中重要なポイントでしょう。



(11:45)下って最後の鞍部
IMGP4559.JPG



ここで最後の休憩、ここから山頂まで標高差約450mの急登、いあや、激登ですね。

CTは1:20 さて出発しますか、最後の登りです(11:55)


顔が着くような急登、それも直登です、登っては立ち止まりの繰り返し



急登が緩み笹原に山頂が近い様です。
IMGP4561.JPG



(12:16)雨ヶ岳山頂に着く。
IMGP4562.JPG
残念ながら富士山はガスの中、



(13:18)ここからは一般登山道を下ります。
IMGP4573.JPG



(14:08)端足峠
IMGP4579.JPG



分岐
IMGP4603.JPG
どちらに行っても湖畔道路に出られます。



IMGP4605.JPG



(15:10)本栖湖畔道路に降りた。
IMGP4607.JPG



湖畔道路を歩き、写真中央の白い建物がゴールの「浩庵」です。
IMGP4612.JPG



(16:12)ひたすら歩いて出発津に着いた。
IMGP4616.JPG



コース中のアップダウンと急登、激登、車道歩きといや~あ、疲れましたね。

後編はこちら
  https://oyama1252.at.webry.info/202111/article_4.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント