鍋割山稜を歩く

令和3年6月8日(火)晴れ

IMGP2916.JPG



コース

表丹沢県民の森→二股→後沢乗越→鍋割山→小丸→大丸→小丸尾根分岐→(小丸尾根)→

二股→表丹沢県民の森


表丹沢県民の森に(6:00)先行車は2台、今日は少ないな。

準備をして(6:13)出発する。


二股(6:36)、鍋割山の水場林道終点(7:20)、勘七ノ沢を渡って山道にかかる

植林滞は風が通らずやっぱり熱い、遠で「カッコウ」がなき、

足元には樹間からの光を受けた「サワギク」がかがやき、
IMGP2894.JPG

足を止めて汗を拭く。



暑さによるものか一向にペースが上がらない(7:45)後沢乗越に着く。
IMGP2897.JPG
北側のガレの上に「ヤマボウシ」咲き、ここで一息。後続の方は休まず登って行く。



稜線に出ても急登が続き、足元の落花に仰ぎ「ヤマツツジ」に癒され。
IMGP2910.JPG



IMGP2911.JPG



(9:20)鍋割山に着く。
IMGP2917.JPG
富士山は霞んでいたがフィルターをクルクル何とか写ったよ。


ここは、簡単に補給して先に進もうか、と思ったが隣のテーブルではご夫婦らしきの方が

カップラーメンを始める、それを見てやっぱりこちらも食べてしまった、美味いね。


(9:53)鍋割山を後に先へ、ここからが今日の山歩き。
IMGP2922.JPG
山稜は起伏が緩やかで風が通りブナ林は涼しい、来てよかった。



開けた場所から
IMGP2923.JPG
中央に丹沢主脈の「蛭が岳」。



この山稜のお気に入りの展望地。
IMGP2932.JPG
一本松を主役に富士山の風景は、春、秋、冬 といつも良きお気に入りの場所でしたが

何時しか一本松が枯れ始め、去年とうとう枯れてしまった。

ここにベンチを作った粋な方、志を同じにされる方かな?


IMGP2934.JPG
この贅沢な景色とコヒータイム、いいね。



夏の日差しも涼しいブナの林。
IMGP2942.JPG



IMGP2944.JPG



IMGP2949.JPG



続くブナ林を歩いていく。
IMGP2958.JPG



崩壊地のふちから花立山荘の先に「マイマウンテン大山」ここもお気に入り。
IMGP2966.JPG



IMGP2970.JPG



少し歩いてはパチリ、またパチリ、時間がかかったね(11:25)大丸に着く。
IMGP2979.JPG
バイケイソウの林床が美しい、もうすぐ開花だよ。



IMGP2981.JPG



IMGP2983.JPG



今日はここまでとして戻りましょう。
IMGP2988.JPG



IMGP2991.JPG



(11:55) 小丸尾根から下ります。
IMGP2999.JPG
ツツジのあたり年ですかね、山ツツジ咲く急な下りを慎重に降りる。



暑さを感じさせないブナ林歩き、バイケイソウ咲くころまた登りたいね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 37

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント