明神ヶ岳 大雄山 最乗寺から

令和3年5月8日(土)晴れ

IMGP2377.JPG


混雑を避け最乗寺から登る。以前2月に登っているが記憶はあいまい。

6時のに着いた広い駐車場はまだ数台でした。


(6:15)準備をして出発、トイレもあります。
IMGP2347.JPG



登山口はここから(道標は明神ヶ岳ハイキングコースとなっています)
IMGP2348.JPG
大きな下駄が目印。



コースは荒れていますが道標は要所にあり。
IMGP2350.JPG



深く掘れた登山道、まき道がありそちらを登って行きます。
IMGP2351.JPG



急登もなく植林滞、朝の陽を受け淡々と進みます。
IMGP2356.JPG
昨夜の雨で湿度が高く汗が出ます。



植林滞を抜け明るくなって。
IMGP2357.JPG



さらに相模湾方面ですがかなり霞んで良く見えませんが展望があると気持ちが良いです。
IMGP2359.JPG



(8:45)湿度が高く気温も上がりオーバーヒート気味
IMGP2360.JPG
ここでミカンゼリーで冷却、30分程休憩。
犬を連れたお二人にご挨拶、速足で通り過ぎました。



神明水はチョロチョロ、次の水場はたくさん出ていたのでここで補給。
IMGP2362.JPG



ここまで来れば先が見えます。
IMGP2361.JPG



山を巻くように登って行きます。
IMGP2363.JPG



IMGP2375.JPG



(10:10)最後の急登を登って稜線に合流。
IMGP2376.JPG


稜線に出ると急に多くなった登山者、ここがメーンルートですもの、トレラン風の方が多い。



崩壊地と大涌谷。
IMGP2377.JPG



(10:19)山頂に着く、ベンチ、テーブルは満席、密を避け離れた芝の上で昼食。
IMGP2378.JPG


来る人、先に進む方、常に25人から30人の混雑した山頂でした。


山頂は適度な風が爽やかです、


(11:00)何時ものカップラーメンとコーヒーを頂いて周回で最乗寺に降ります。
IMGP2379.JPG



ここを右へ降ります。
IMGP2392.JPG



(13:15)展望のない長い長い道を下って最乗寺に降りました。
IMGP2409.JPG



登山道で会えた花

ホウチャクソウ
IMGP2354.JPG




ハコネシロカネソウ
IMGP2368.JPG



IMGP2373.JPG



IMGP2397.JPG



ミツバツツジ
IMGP2391.JPG



IMGP2390.JPG



シキミ
IMGP2400.JPG



ヤマシャクヤク
IMGP2406.JPG



IMGP2401.JPG



IMGP2403.JPG



咲き終わりのエンレイソウ
IMGP2405.JPG



クマガイソウ
IMGP2381.JPG



IMGP2386.JPG



朝見えていた富士山は山頂に着くころは残念ながら雲の中でした。

湿度が高く樹林帯の登りはムシムシ、

稜線出れば爽やかな風に良い登山日和でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント