三つ峠山を目指したのですが? 令和2年8月26日(水)晴れ

IMGP0960.JPG



連日の猛暑で涼しいところに行きたいと、

丹沢は暑いし、高くて涼しい山、

「三ッ峠山」なら日帰りで登れるし、

標高も1700mを超えるし、

涼しいだろうと登って来たが?



コース

母の白滝→鉄塔→最後の林道→木無山→富士山の良く見えるところ(往復)



朝飯食べて、5時に家を出、登山口の「母の白滝駐車場」に7時20分に着いた。

登山者はいないようだ、工事の方がいた。

車を一番奥に停めろと、なんだろうね工事車両が来るのかな。

駐車場は富士山の展望地。
IMGP0936.JPG
夏富士がいいね。



7:40 準備をして出発。5分程滝まで下って行きます。
IMGP0937.JPG


滝が二つあり、これは下の滝、ここが「母の白滝」で、
IMGP0942.JPG



整備された階段の遊歩道を登ると少し小さい滝、こちらは「父の白滝」だそう。
IMGP0945.JPG



遊歩道を登ると階段も終わり緩やかな林の中を登る。
IMGP0948.JPG
早い時間で涼しいところ、もくろみ通りでしたが、


登山道は雨で登山道が掘れて荒れたところがある、大雨が降ったようです。



最後の林道から登ったところ。ここまでは順調に登って来れた、ほぼコースタイム通り。
IMGP0953.JPG
木株の椅子が有り富士山と河口湖の展望が素晴らしい場所

登山道から目立ちにくい場所で、カメラマンの撮影ポイントなのか?


ここからが急坂になる、木無山まで直登の道、標高差400mほど。


林で風も弱く急登では暑く足どりが重くなる。


木無山が近くなると、
IMGP0957.JPG
草の中に「ハクサンフウロ」が見られるように。


しかし、かみさんの足取りが、写真を撮っていてもすぐには追いついてこない。


10:38 木無山に着く、がかみさんはかなりの疲労、暑さに負けたよう。
IMGP0961.JPG



富士山の展望地。
IMGP0965.JPG
ここで休憩。


軽い熱中症のようなので、何時も持っている塩と水分補給、

保冷用の氷が有ったのでそれで首筋を冷やし、

日陰で休憩すること1時間ほど、何とか回復、

今日はここまでと「山頂には行かず」撤退です。


12:00 下山です。
IMGP0969.JPG
登りではきずかなかったが林の中にたくさん咲いている。

マルバダケブキ?

IMGP0972.JPG



IMGP0973.JPG



IMGP0976.JPG



IMGP0977.JPG

花弁は「ハンカイソウ」に似ているが葉の形状が違う、

マルバダケブキ? 大山のマルバダケブキとは違うように見えるが。



新しくなった道標、
IMGP0979.JPG
雨でルートは荒れたところもありますが、わかりやすい。



この丸太の敷き方が気になる、
IMGP0981.JPG



IMGP0982.JPG




14:11 上の滝まで降りてきました。
IMGP0984.JPG



下の滝
IMGP0988.JPG
滝壺に入り水遊びの方がいます、近くにキャンプ場がありその方達かな?



14:25 駐車場に着く、



涼しい山へと、登ってきましたが暑かった、

降りた駐車場も標高が1000mもあるのに猛暑状態、

残念ながら今回は木無山までで撤退となった、

秋の紅葉の頃にまた登ろう、涼しくなってから。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山大好きの山ちゃん

    今晩は!
    三つ峠山は何度か登っていますが、R137をもう少し登り御坂トンネルの手前で右折し、旧道を行くと旧御坂トンネルへのヘアピンカーブを直進すれば林道との分岐に駐車場があり、登山口になっています。
    登山道と並行するように山小屋への車道もありますから最短で三つ峠山に行けますよ(^_-)-☆
    2020年08月28日 21:28
  • 小天狗

    山大好きの山ちゃんさん、コメントありがとうございます。
    登山口情報有り難うございます、
    レスキュー要請の一歩手前だったかな、氷を持っていたので助かりました。
    これからは、若い時と違い、ゆっくり、ゆっくり、頑張らない山歩きですね。
    2020年08月29日 13:29