大山隊望年登山 令和元年11月28日(木)~29日(金)

DSC_0158.JPG
今年の望年登山は、思いもよらぬ雪景色となった。



今年も大山隊の望年登山にみんなと楽しんできた。しかし、天気に翻弄されたが思いもよらぬラッキーな雪景色の山歩きに大喜び。

(大山隊、16~7年前になりますか、早朝にたびたび大山に登る顔見知り仲間、何も決まり事もなく、しがらみもない、楽しい仲間の集まりです。)


計画のコース

11月28日(木)

大山日向登山口P集合⇒三ッ峠達磨石登山口→馬返し→八十八大師→三ッ峠山荘→三ッ峠山→三ッ峠山荘→八十八大師→馬返し→三ッ峠達磨石登山口

宿泊地 鳴沢 「富士緑の休暇村」


11月29日(金)

富士緑の休暇村⇒根場鬼ヶ岳登山口→堰堤広場→鬼ヶ岳→鍵掛峠→鍵掛山→王岳→根場鬼ヶ岳登山口



実際に歩いた記録

11月28日(木)雨

大山日向にAM4:00集合、参加者は5名(Onさん、Ogさん、Etさん、Tnさん、小天狗)

計画時とは天気が変わってまさかの雨、とりあえず出発する。

中央道から河口湖道に入るも雨は降り続く、三ッ峠山登山さてどうする? 最悪は登るのをやめて宿で望年会か?

などと、今日は三ッ峠山登山を諦め明日登る予定の西湖の根場鬼が岳登山口に行く。

そちらの方が北東の風の影響が少ないのではと期待し移動。

7:20に着くと雨は止んだ。予定を変更して鬼ヶ岳に登る。


7:43 準備をして歩き出す。
DSC_0001.JPG
広い駐車場はがらがらの空き状態でした。


暫らく林道歩き。
DSC_0002.JPG


DSC_0003.JPG



植林滞の急登を登ってカラマツ林を登る。
DSC_0006.JPG
カラマツ林の紅葉は終わってました。


DSC_0007.JPG
幸いにも雨は降っていません。


急登を登って稜線にたつと眼下に「西湖」
DSC_0008.JPG
周囲は雲に隠れて見えません。


10:07 最初のピーク、雪頭ヶ岳に着く。
DSC_0013.JPG


ここから見えるのはやはり西湖。
DSC_0012.JPG



十二ヶ岳方面。
DSC_0014.JPG


ここで心配した雨が降ってきました、カッパ着用。休みもそこそこに次に進みます。


10:20 鬼ヶ岳に着く。
DSC_0017.JPG


雨はアラレに変わる、風も出てきた、その中で記念のショット、パチリ。
DSC_0016-2.JPG
Ogさん撮影



ここで作戦会議、予定をまたまた変えて王岳には登らず、鍵掛峠からエスケープ、根場に降りる。


DSC_0020.JPG


DSC_0027.JPG


目指す鍵掛峠は雲流れる。
DSC_0031.JPG


振り返って下って来た道も雲。
DSC_0037.JPG



暫くするとアラレは雪の変わり、鍵掛峠までのアップダウンの激しい岩場の登山道を進む。
DSC_0039.JPG



DSC_0046.JPG



DSC_0047.JPG



アセビの雪化粧。
DSC_0056.JPG



雪降る中をもくもくと歩いて。
DSC_0057.JPG



12:44 鬼ヶ岳登山口に降りた。
DSC_0062.JPG
ここからしばらくは林道歩き。



根場の古民家村。
DSC_0065.JPG



DSC_0067.JPG
里は紅葉の見ごろです、観光バスも来て皆さん雨の中見物していました。



13:00 出発地の根場に無事に降りました。


天気が悪いと展望もなく、落ち着いて食事もとれず、会話も少なく、もくもくと歩く山歩きになってしまった。


時間が早く河口湖畔の紅葉を見てから宿へ、冷えた体をお風呂で温めやっと落ち着きました。

そして懇親会突入です。それぞれが用意した飲み物で乾杯、話が弾みあれもこれもといろいろお話しました。

食事はバイキングで美味しくたくさん頂きました、明日へのエネルギー補給です。


雪は激しくなり明日の三ッ峠山登山が心配です。


おやすみなさい。Zzzzzzz・・・。



11月29日(金)晴れ

朝宿の窓から見る雪景色。
DSC_0087.JPG
景色はきれいですが宿の周辺で白く積もった雪、山ではもっと積もっている思われ、またまた作戦会議。

結果は、林道は車(ノーマル)がスリップが心配、屏風岩付近のガレバは雪が着いて危険、アイゼンは用意していない。

宿から車の移動がない五湖台、三湖台、紅葉台を歩き宿に置いた車に戻る計画なら安全だろうとまたまた予定変更。



8:13 天気は快晴、雪景色がとてもきれいを見て宿を出発。
DSC_0092.JPG



暫らく車道歩きです。
DSC_0094.JPG
これから登る「五湖台」の方。



霧氷か青空に映えます。
DSC_0095.JPG


紅葉と霧氷。
DSC_0102.JPG


DSC_0105.JPG



DSC_0108.JPG


上ばっかり見て歩き登山口を見過ごしてしまった。
DSC_0111.JPG
少し戻って、この神社から山道になります。



DSC_0114.JPG



登るほどに綺麗になる、霧氷と青い空。
DSC_0120.JPG


DSC_0123.JPG



DSC_0124.JPG



DSC_0126.JPG



足もとはこんな感じで問題ありません。
DSC_0129.JPG



今年初めての雪。
DSC_0136.JPG



ここから五湖台に向かいます。
DSC_0137.JPG
下の道標です、文字が薄い「五湖台」です。



DSC_0139.JPG



霧氷の下でパチリ。この天気と雪にみんな笑顔です。
DSC_0141.JPG



空高くますます青く。
DSC_0147.JPG
樹氷をきれいに見せます。



樹間からの富士山。
DSC_0155.JPG



DSC_0157.JPG



五湖台に向かいます。
DSC_0158.JPG


10:17 展望の良い五湖台に着く。
DSC_0177.JPG


南アルプス。
DSC_0173.JPG
左から、聖、赤石、荒川。


三ッ峠山は真っ白です。
DSC_0179.JPG


ここで大休止としました。ぜんざいを作って美味しく頂きました、寒い時はいいですね。(写真撮ってなかった。)

暫くすると年配のご夫婦が登ってきました、今日初めての登山者です。


11:20 次へ出発。
DSC_0181.JPG
風が出、霧氷の落雪です。


DSC_0182.JPG



DSC_0183.JPG
まるで風吹です。



ここから三湖台に向かいます。
DSC_0186.JPG



12:11 三湖台に着く。
DSC_0191.JPG
天気も良く360度の素晴らしい展望


富士山。
DSC_0202.JPG


三ッ峠山。
DSC_0200.JPG
まだ真っ白です、登れたら綺麗でしようね、雪景色が。



西には大きくドーンと毛無山。
DSC_0204.JPG




昨日登った雪頭山と十二ヶ岳。 (鬼が岳は雪頭山の影で見えず)
DSC_0199.JPG



富士山をバックに、パチリです。
DSC_0206.JPG



12:26 次は紅葉台に向かいます。
DSC_0209.JPG


登山者(ハイカー)が次々に登ってきます。外人さんもいたよ。



12:50 紅葉台に着く。展望レストランは屋上が有料ですって、パスしました。
DSC_0213.JPG
駐車場から富士山展望、これで十分です。


ここからは下るのみ。
DSC_0214.JPG
車道に降りるとまだ紅葉な残っています。


13:20 出発地の富士緑の休暇村に無事に降りました。
DSC_0216.JPG
この時間でも今日は雲も出ずによく富士山が見えています。


昨日は雨と雪の中の登山でしたが、今日は願ってもない好天に恵まれ、また思いもよらぬ青空の下、綺麗な雪化粧の山歩きでした。


昨年の大山隊の望年登山は、静岡の「真富士山」で雪が降られ、翌日は「篠井山」で晴れの登山と今年も同じめぐりあわせになった。

終わりよければすべて良いし、良い望年登山になりました。

来年もまた楽しい山登りが続きますように、大山隊の山登りは続く。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年12月04日 10:16
こんにちは。
素晴らしい山行になりましたね~!
2日目の雪景色はまさにプレゼント、日頃の行いが良いからでしょうか!?。
しかし、このコース結構キツいですね。

ところでも11/29(金)は塔ノ岳へ登り、私も新雪を楽しんできました!
ぽんぽこ狸
2019年12月04日 10:29
今日は
霧氷がとっても綺麗ですね。構図もバッチシですね。(人を隅っこに配置している)紅葉と、霧氷の取り合わせも凄い。

樹氷では無いと思います。樹氷は、針葉樹林(アオモリトドマツ)に出来る物だと思います。
小天狗
2019年12月04日 13:07
MORINOBUNAさん、今日は何時もコメントありがとうございます。

>素晴らしい山行になりましたね~!
はい、そうなんです天気が悪くどうなるかと心配でしたがメンバーの状況判断が良く素晴らしい一日になりました。

>しかし、このコース結構キツいですね。
標高1100mぐらいの尾根歩きで高低差が少なく快適なコースです。ハイキング向け。

帰りに見た大山も白かったです、塔ノ岳もさぞ綺麗でしたでしょうね。
小天狗
2019年12月04日 13:22
ぽんぽこ狸さん、今日は、さっそくコメントありがとうございます。

>霧氷がとっても綺麗ですね。構図もバッチシですね。<

狸さんが何時も言われるように、「日の丸写真」にならないようにファインダーを覗いています。

雪が木の枝についている状態ですが、この場合やはり霧氷とするのが適切かもしれませんね。有り難うございます。

2019年12月05日 15:09
こんにちは!
いや~あっ、大変な忘年登山になりましたが、色々と変更できるのも熟練者の取り柄ですね。
それにしても、そちらの初雪は量も多かったようで、黄葉に霧氷、青空に映えた
霧氷が素晴らしいですね(^_-)-☆
こちらではお湿り程度で、積もるほどじゃなかったです(>_<)
小天狗
2019年12月05日 15:37
山ちゃんさん、今日は、コメントありがとうございます。
いや~ゃ、本当に大変でした、でも、終わって見れば最高の望年登山でした。雨、あられ、青い空に雪、富士山、おまけは落雪の吹雪と盛りたくさんの二日間でした。
それにしても予告なしにどかあ~んと降りましたね。

そちらはこれからですかね、関ヶ原はたくさん降るようですが?