尾瀬アヤメ平の紅葉 令和元年10月6日(日)

DSC_0158.JPG



コース

富士見下→ななし池→富士見峠→アヤメ平→富士見峠→ななし池→富士見下


「道の駅かたしな」の朝は雨だった。かみさんは雨だから帰ろうよと、弱気。

天気予報は曇り、時間がたてばよくなるからとまずは朝飯を食べそれから登山口の富士見下へ。

富士見下に着くと駐車スペースは一杯になっていた。隅のぬかるみに停める。

先行した車の方は、車をここにデポしバイクで大清水に移動して尾瀬沼を周回してくると。


7:05 雨も上がり明るくなってきた。準備をして出発。
DSC_0129.JPG



富士見峠まで約3時間のつらい林道歩きになります。


少しずつ標高が上がると青空も見えて、木々の色ずき始める。
DSC_0137.JPG



早い時期に色ずく「ツタウルシ」
DSC_0144.JPG



しかしななし池を過ぎると少しずつ霧が出てきた。
DSC_0147.JPG



さらに標高をあげるとさらに霧雨が降り嫌な感じに。
DSC_0150.JPG
紅葉はだんだん綺麗になるのですが。



9:28 富士見峠に着く。
DSC_0151.JPG
雨と風も強くなってカッパの出番です。


雨を避けるところもなく休めず。先に進む。
DSC_0152.JPG
この滑りやすい木道で降りて来た方は目の前で見事に「すってんころりん」をしていました。



仙沢田代に来ると風は強く、横殴りの雨。
DSC_0153.JPG
カメラのレンズに雨が入り撮れません、風下側だけ撮る。



DSC_0155.JPG


DSC_0157.JPG
ここを登るとまもなくアヤメ平。



10:06 アヤメ平に着く。鳩待峠からの登山者がこの雨の中を数組登って来られました。
DSC_0158.JPG
ガスっていて展望はなく草紅葉は雨に濡れそれなりに綺麗ですが、雨と風には見る余裕もなく。


DSC_0159.JPG



DSC_0162.JPG
残念ながら期待していた展望は見られませんでした。



10:46 滑る木道を慎重に歩き富士見峠に戻って来ました。
DSC_0163.JPG


休むところもなく後はひたすら登って来た林道を下るだけ。
DSC_0166.JPG



ななしいけまで降りると雨も止み少しずと明るくなり広くなった林道わきの明るい場所でお昼にしました。


12:58 富士見下に戻って来ました。
DSC_0167.JPG
朝、駐車スペースに有った車は皆なくなっています。


アヤメ平の奥に見える風景を期待して登りましたが何も見えず残念な結果でした。

かみさんは20年以上前に来た時の見晴らしの良かった風景をよく覚えていたが、

私は登った記憶はあっりますが見た風景は全く記憶になくどうしても見たかったが
残念な結果でした、また来れるかな?


帰りはお世話になった道の駅で野菜や果物を買い、関越道の渋滞にあって20時頃帰宅した。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント