誰も知らない鍋割山稜の一本松 平成30年12月2日(日)

画像




鍋割山稜の小丸付近に一本松がある。富士山をバックにした構図はとてもお気に入りで何度も通っている。
しかし、ここはあまり知られていない、と言うか、ここを通る方が気が付いていないのです。ベンチがあって良い休憩場所ですが皆さん通過して景色など見ていない。その場所がいつからか私だけのお気に入りの場所になった。

しかし三年前からその松が枯れて来たので大変心配しています。特に昨年は先端から枯れ始め背丈の3分の2ぐらいまで枯れてしまいました。

今年は台風が多く倒れてしまったのではないかと気になっていた。今日、見に行ってきました。



コース

東丹沢県民の森→二股→後沢乗越→鍋割山→小丸→小丸尾根分岐→二股→東丹沢県民の森



最近は東丹沢県民の森から登ることが多い、週末などは早朝から駐車場が満車になる。今日も5時30分に着いたがすでに多くの車が停まり一台分のスペースが空いていただけ。後続車は路駐です。

食事をして出発。


6:00 日の出まで時間がありヘッドランプを点け歩き出す。


6:30 二股を通過。
画像

予報に反して曇天。



丹沢の紅葉は終わってしまったと思っていたが林道の沢沿いはまだ紅葉がありました。
画像




鍋割山への登山道はとても歩き易い。段差が小さく調整されているので一歩一歩の歩幅で歩ける。
画像

鍋割山が登山者に人気があるのは「うどん」効果もあるのだろうが、この歩き易い登山道も一役かってているのではと思う。




その登山道を登り「後沢乗越」、冬枯れとなった林を歩き。
画像





9:06 鍋割山に着く。
画像





残念ながら富士山などの展望はない。
画像





画像

山頂で休憩と思ったが、タバコを吸う方がおり、煙が苦手、休まず先に行く。(まったく迷惑だよ)



ブナ林は木の葉の絨毯。
画像





天気は冷たい風になって、見えていた山も次第に雲の中に。
画像

塔ノ岳。




こちらは、蛭ヶ岳方面。
画像





10:15 今日の目的地「一本松」に着く。晴れ予報で来たのですが富士山は雲の中残念です。
画像

台風により周囲に倒木が多い中この「一本松」が残っているのは奇跡的、あの強い台風に耐えたのだ。

しかし、枯れは進みいつ倒れても仕方ない状況になってしまった。


4年前の6月に登った時の写真では、まだてっぺんに緑の葉が繁り富士山をバックに格好の良い姿でした。
画像





「てんくら Aランク」の予報で今日は登って来たのですが冷たい南風が吹きとても寒いです、でもせっかく来たのでここで昼食にします。
休憩している間多くの登山者が通りましたが皆さんは通過です、休憩する方はおりませんでした。

寒いのでそわそわしてラーメンを作っていたら、取っ手にひっかけてコッヘルをひっくり返してしまいました。ラーメン一杯がパーです。(なんてこった)




あるもので腹を満たし、少し暖まってから降ります。
画像

霧がどんどん降りてきました。



大丸まで足を延ばそうと思いましたが寒いのでここから落ちた道標の方角、二股方面へ小丸尾根を下ります。
画像




小丸尾根を歩くのは一昨年の10月末以来ですが、この尾根を歩かれる方が最近多いようですね。登山道の踏み跡が以前い比べ明らかに変わりました。道の拡幅、登山道のショートカット、この季節にも拘わらず登山道に落ち葉がありませんでした。



小丸尾根を見る物もなく淡々と降りて標高が600m付近に来ると見事な紅葉がありました。丹沢ではすでに紅葉は終わったと思っていましたので、びっくりです。
画像





画像




画像





降りるほどにさらに紅葉は鮮やかになり。
画像




画像





画像





画像




綺麗な紅葉に冷えた心(体)が温かくなりました。
画像





13:07 二股に着き、ここからは林道を歩きです。
画像




13:30 駐車場に着き今日も無事に降りました。



誰も知らない鍋割山稜の一本松はかろうじて立っていました。枯れが進行しいつ倒れても仕方のない姿になっていました。この冬の風雪に耐えられるのか「頑張れ一本松」。

来春叉来るよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tantanmame

    あのベンチの一本松。
    私が最後に見たのがもう10年ほど前(^^;
    寂しい姿になりましたねえ(^^;
    夏草や兵どもが夢の跡、、、
    倒れる前に再訪して来ます。
    2018年12月04日 09:22
  • 小天狗

    tantanmameさん。
    見ておられましたか。春夏秋冬、風情のある
    風景にここを通るたびに楽しにしています。
    幾度となく歩いたコース、今冬を乗り超えら
    れるかるか心配です。
    再訪は富士山の見える日に登ってくださいね。
    きっと心に残る風景になると思いますよ。
    2018年12月04日 11:19
  • 山ちゃん

    今晩は!
    いや~あっ、残念な事になってしまいましたね。松くい虫でしょうか?
    折角の富士山との展望が台無しになってしまいましたが、枯れても立っているのが不思議ですね。
    こちらの鈴鹿山系にも雨乞岳への途中に以前は一本杉があり、その杉から杉峠と呼ばれていますが、今では立ち枯れても倒れずに残っています。
    2018年12月06日 17:09
  • 小天狗

    山ちゃんさんコメント有り難うございます。
    何時も登っておられる〇〇山シリーズブログ
    楽しく見ております。タフな行動力ですね。
    一本松もタフであってほしかったのですが
    おっしゃるように松くい虫でしょうね、
    この辺はどこからも富士山が見られるので
    一本松に富士山なんてぴったしの風景でしょう。
    とても残念です、最後まで見届けようと思います。
    2018年12月06日 19:49

この記事へのトラックバック