小富士と須走お中道 平成30年10月10日(水)

画像




昨年に続き「小富士と須走お中道」に登って来た。前回はお中道初めて歩くので「本6号目 瀬戸館から獅子岩」までを歩いた。今回は獅子岩から先の吉田口六合目まで行きそこから「コノスジ中途道」で須走登山道「新六合目 長田山荘」までのルートを歩く計画だった。が。



小富士での朝の写真を撮るには夜明け前に入るので前日の午後家を出て、当夜は「道の駅 すばしり」で車中泊。暑くもなく寒くもなく快適でした。

夜11時半ごろ、なんと須走は霧雨、明日の小富士の天気が気になるが。とりあえず明けて道の駅を3時55分に出発する。馬返しを過ぎ高度が上がると雲の上に出、星空に一安心する。



コース① 小富士で朝の写真撮影

須走五合目P→小富士遊歩道口→小富士→小富士遊歩道口→須走五合目P



4:50 ここから出発。
画像

小富士遊歩道入口。


5:10 標高差のない遊歩道を歩き20分程で小富士に着く。
画像

暗かったので帰りにパチリした写真です。



5:12 三脚を立て雲海のかなたからの日の出を待つ。
画像

道の駅はこの雲海の下だったんですね。



この時の富士山は。
画像

快晴です、来た甲斐あった。



8:25 少しずつ。
画像



こちらも少しずつ。
画像




山中湖方面。
画像





5:45 日の出。
画像
 



画像




5:55 
画像




6:07 
画像




6:19 
画像

今朝の一時のドラマはおしまい。いいね。  冠雪していると満点なんだけどね。


小富士は富士山の中腹約2000mにちょっこッと高みの小山。富士山を真正面に見ることが出来る展望台。



6:25 撮影を終わり戻ります。
画像





6:38 遊歩道入口に戻ってきた。
画像




山小屋まで来ると専用駐車場になんと、IIjさんがいるではないか。今日はキノコ採りの案内とか。

これからお中道に行くと言うとコースの最新の情報を教えてもらった。先日台風の後に歩いて来た現地の情報だ。タブレットの写真を見ながらわかりやすく。

要約すると。
① 獅子岩付近の取りつき点が昨年と違う。
② 吉田口六合目のコノスジ中途道の取りつきはマーキングもなく非常に判りずらい。
③ 「お中道から入りコノスジ中途道で戻る方がわかりやすいと。


等、要注意とのアドバイスを頂きました。

IIjさんは繁盛期にここで働いている方。シーズンモ終わり今日はプライベートで来ていると。たまたま会えたんだ。


駐車場に戻り遅い朝食を摂ってお中道巡りに行く。


コース ② お中道巡りの予定コースだったが。

須走五合目→新六号目「長田館」→本六合目「瀬戸館」お中道入口→獅子岩→吉田口六合目→(コノスジ中途道)→新六号目「長田館」→須走五合目



7:48 出発です。ここはちょうど標高2000m。
画像




IIjさんも言っていたが、今年は気温が高く紅葉は良くないと。
画像



画像

昨年も丁度今頃来たが紅葉は良かったが、今年は台風の風の影響かな、葉が落ちてしまってるよ。



古御嶽神社。
画像




落ち葉たくさん。
画像





夏道を登って林の中を歩き、途中登山道わきの高みからの富士山山頂。
画像



最高の天気「素晴らしい」
画像




画像




9:05 新六合目「長田館」に着く。ガスって来ましたが。
画像

シーズンは終わり閉まっています。



長田館の右横裏手にこの道標が「コノスジ中途道」吉田口へ⇒と。ここに降りて来る予定です。
画像




小屋裏手の紅葉。
画像




小屋から一段登ると展望が開け。
画像

次に目指すは写真右尾根に見える六合目「瀬戸館」



9:46 「瀬戸館」に着く。ガスが上がりちょっと嫌な感じ。
画像




小屋の右横からお中道に入ります、写真中央下の白いのが道標です。倒れています。
画像




そこから50m先に「東富士胎内」。
画像





9:50 ここからがお中道になる。
画像




樹林滞はマーキングもあるので迷うことはない。
画像




岩盤の涸れ沢、雪解けや雨の時に砂礫が流れ岩盤が磨かれている。
画像




樹林帯が終わり砂礫の危ない斜面を進み、おまけに核心部でガスが発生。(雲海が上がって来たのでしょう。)
画像

昨年は渡ることが出来たが崩落が激しい沢、とても渡ることが出来ません。IIjさんの①ポイントです。
沢の対岸はすぐそこなのだがガスが濃く見えません、状況判断がしにくい。



取り敢えず、高巻きします。ザレた斜面を登るのは何とか登れるが、これを下れと言うと非常に危険、ホールドするものが何もないのだ。



10:18 高巻いて何とか「ブルトーザー道」に出た。昨年よりもかなり上の方だ。もちろんマーキングなどない。
画像




ブル道を下って「獅子岩」。去年はこの付近に出たのだが。
画像




ガスも濃いので不安が? とりあえず吉田口まで降りてみよう。
画像

シェルターに入り。



その内部。
画像

このようにシェルターを3か所通る。




10:48 吉田口らしきに着く。ガスが濃くシーズンも過ぎ建物などになにも書いたものがない、ここはどこって感じ。
画像

高度計を見ると獅子岩から170m程下ったので場所は間違いない。



IIjさんの下降ポイントを登ったり下ったりし探すがそれらしきは見当たらず。とにかくガスが濃く周りの見えがなく判断できないのだ。困った。



安全策は来た道を戻る事。IIjさんも言っていた「ガスって判らないときは戻ってね」と。戻ります。

菓子パンを食べ、さーて 170m 登り返すぞ。


10:50 戻る。ガスの中を登り返す。
画像




3個目のシェルターまで登ると晴れているではないか。
画像

でも下はガスです。




11:12 獅子岩の上帰りの下降点に戻って。
画像

ここを左に降ります。またガスが。



緊張しながら慎重に砂礫の斜面を越え振り返って。滑ったら止まらんね。
画像

稜線中央のちょこんと凹んだ所が獅子岩。




ここから先は樹林滞マーキングを確認してお中道ならではの景色を楽しんで戻る。
画像




画像




画像




そして先方にお中道出発点の瀬戸館が見えてきた。
画像





11:50 六合目に戻った。
画像




標高を下げると再びガスの中に。
画像





13:30 無事に登山口に戻る。
画像




下山報告、IIjさんはキノコ狩りからまだ戻っていないと。山小屋でキノコ汁を頂き、おかみさんに下山報告をお願いして本日の山登りはおしまい。無事でよかった。お中道甘く見るなかれ。


ガスに巻かれたがほぼ晴れの天気に富士山を真下から圧巻の景色に満足です。

コノスジ中途道は次回のお楽しみに。

小富士の写真も冠雪が欲しいところですが、自然の営みに受け入れるほかありませね、良しとしましょう。


昨年の記事は「小富士とお中道歩き 2017/10/9」 です。

 その-Ⅰ   https://oyama1252.at.webry.info/201710/article_3.html

 その-Ⅱ   https://oyama1252.at.webry.info/201710/article_4.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • tantanmame

    小富士からのご来光、モルゲンの富士山♪
    実に神々しい♪
    お中道、昨年の写真と合わせて楽しませて貰いました(^0~)
    でも、ガスったら怖そうですねえ(^^:

    昨日はあざみラインなんと通行止めでショック(^^l
    自転車レースだったようです(涙)
    3度目こそはこんな綺麗な風景に巡りあいたいです(^0~)


    2018年10月14日 13:32
  • 小天狗

    tantanmameさんこんにちは。
    本当は遠征登山の予定だったが、一日の晴れ
    間をぬって近場に写真撮影と合わせて登って
    きました。
    前夜の時点ではだめかなと半分あきらめたが、
    雲海の上に出満天の星を見た時のうれしさ◎

    昨日ですか、前回雨で大会の看板見逃しですか?
    天気も落ち着くようです、ぜひ再々チャレンジを。
    2018年10月14日 14:53
  • tantanmame

    大会の看板見逃してました(^^;
    こんな綺麗な写真見たら、
    再挑戦気分満々です(^0^)
    2018年10月14日 17:17

この記事へのトラックバック