丹沢表尾根 標示板設置 平成29年12月22日(火) その-Ⅲ(最後の作業)

丹沢表尾根 標示板設置 平成29年12月5日(火) その-Ⅱ の続きです。

丹沢表尾根の標示板設置三日目、前回は丹沢表尾根の烏尾山から政次郎尾根分岐まで設置で来た。今回は政次郎尾根を登って表尾根をたどり、新大日、木ノ叉大日付近、塔ノ岳直下の3ヶ所に設置します。
画像


コース
戸沢→政次郎尾根分岐→書策小屋跡→新大日→塔ノ岳→小草平→戸沢

季節も進み雪が降るなど山作業には厳しい時期、天気予報を確認すると冬型が緩み比較的暖かいと言う。作業しやすい今日しかないと山に登った。

設置する個所は3か所で資材の重さは軽め。

9:30 準備し戸沢を出発する。風も穏やかこの時間、日も差し暖かい。
画像


10:35 政次郎尾根、木の根が出て歩きにくい植林滞を抜け展望のあるところに出た。
画像

三ノ塔。

行者ヶ岳、表尾根烏尾山、その先に三ノ塔を見上げ。
画像


正面に政次郎ノ頭を見上げ。
画像


10:43 尾根を左にトラバースし表尾根コースに出る。政次郎尾根分岐。
画像


前回設置した標示板。
画像


書策小屋跡からの展望。
大山。
画像


政次郎ノ頭の先に相模湾。
画像


新大日から塔ノ岳。
画像


11:05 この階段を上がって新大日。
画像


ここに今日最初の標示板「NO-13」を設置する。
画像


ここでお腹がすいたので早めの昼にする。30分程休憩。

11:30 先に進む。一旦下って。
画像


木ノ叉大日小屋。閉まっていた。
画像


小屋の裏、緩やかな傾斜と草地の気持ちよい空間。
画像


木道を歩き。
画像


道標。
画像

藪になって目立ちにくいかな。

登山者から見やすい、目立つ場所に「NO-14」を設置した。
画像


ここは、表尾根で富士山と塔の岳が見える展望地。今日は富士山は雲の中。
画像


その先、キレット状の場所手前、ここも好展望地。
画像


キレット状の場所から塔ノ岳に少し登ったガレ場に「NO-15」、表尾根最後の標示板を設置する。
画像


「7NO-15」、塔ノ岳を背にアップで。
画像


12:30 塔ノ岳に登る。富士山は雲の中。
画像


東に表尾根と大山。
画像


西に蛭が岳。
画像


南にこれから下る花立。
画像


金冷を降り花立への緩やかな登り。
画像

何時もこの時期凍結する場所だが今年はまだ、乾燥してる?

花立から塔ノ岳を見て。
画像


階段やガレ場を下って小草平に着く。
画像


天神尾根を戸沢に降ります。
画像


天神尾根、何年振りだろうここを歩くのは。登山道がひどく荒れ歩きにくいだけでなく、危ない。新しくつけた登山道も荒れ、まき道を探して歩くようだ。

13:50 やっと天神尾根を降りた。
画像


14:00 戸沢へ着く。任務完了です。
画像



標示板の設置は、「大倉尾根」、「三の塔尾根」、「ヤビツ峠から大山を経て蓑毛」、鍋割山稜、そして最後になった「丹沢表尾根」、と計画された5コースに昨年から行ってすべてに設置で来た。

一番大変な資材の荷揚げ、大倉尾根は45か所と多くここだけで総重量100kgを超えた。

天気予報で作業し易い日に登るようにしたが、天気は気まま、雨にも会った、風にも吹かれた。

それでも登山者にとって事故の時に利用されればと思い設置場所等気遣いながら作業した。

でも役に立つものかもしれないが、使用されないで済めば一番良い。事故のないことを願う。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • tantanmame

    楽しいそうな仕事ですね♪
    まさに趣味と実益を兼ねて(^0^)
    羨ましい限りです(^0^)
    これ見る度に、Kwさんを思い出しますねえ(^0^)
    折角設置したからには是非有効活用(^^;
    もとい(^^;
    この標識が有効活用されないよう願っております。
    安全登山第一ですからねえ(^0~)
    2017年12月25日 14:37
  • 小天狗

    tantanmameさん
    第二の人生の仕事ですから、
    皆さんのお役に立てばと思いながら
    楽しく取り組んでいますよ。
    そろそろ第三の人生のことを気にしないと、
    いつまでも元気に現役でまわりに迷惑を
    かけないようにしなければ。
    2017年12月25日 16:33

この記事へのトラックバック