甘利山登山 平成29年3月19日(日)~20日(月祝)

冬季封鎖の林道を5時間かかって登ってきました。
春の写真が撮れました。よかったですよ。
画像














コース 甘利山林道ゲート→湯橋→栗平→椹池→甘利山近道→(登山道)→
     
     甘利山駐車場→東屋→甘利山→東屋(テント泊)


3月19日(日)の記録

早朝3時45分に家を出発し甘利山への林道、冬季封鎖中のゲートに
6時45分に着く。途中のサービスエリアで朝食は済ませたのでコーヒー
とお茶(水分補給)を飲み、時間はあるのでゆっくり準備をする。

7時45分 かなり重いデカザックを背負い林道ゲートを出発。

ゲート前の駐車地。
画像














封鎖のゲート。横をすり抜けて行く。
画像














まもなく水神橋を渡り長い林道歩きの始まり。
画像






















この付近で、ハンターと思われる4駆が走る。

そして、日帰りの登山者が軽い荷で追い越して行く、甘利山日帰りすると。


9:19 重いザックに下を向いて歩く。湯橋を渡り、顔を上げると前方に折り
    返しを繰り返し進む林道、先が思いやらそう。
画像






















9:26 やっと折り返しを歩き上に着く、振り返って林道を見る。
画像













林道先を見ると、標高 1000 mに到着した。
画像













9:53 休憩していると、トレランが一人追い越して行く、
     今日二人目の登山者。
画像













10:14 栗平を過ぎ、折り返しの道を進み青木鉱泉への交差点に到着。
      まっすぐ進む。
画像













10:27 標高1200m を通過。重い荷の割には今のところ良いペース
      歩いています。
画像














10:34 甘利山駐車場まで5㎞。やっと半分、まだ半分、先は長い。
画像






















10:45 椹池。少し休憩し、道標の甘利山神社の山道を歩くか、林道を
      進むか、甘利山神社なる表記が地図にないので林道を進む。
画像














11:06 林道を進むと甘利山近道の古い道標、ここを入る。
      ここで昼食にする。お稲荷さんを3個。
画像





















11:40 休憩し出発。
      あまり歩かれてはいないようだが、よく造られた階段の歩き易い
      登山道を登る。
画像






















11:55 林道に出る。すぐ右手に目印の赤テープ標識に従って林の中の
      登山道を登る。
画像







12:28 雪付の道に出る。先行者の踏み跡がない、地図を確認しここを登る。
      かなりの疲労が足に来ているがここを頑張ればとゆっくりぺーすで進む。
画像



12:38 やっと見えた。林道上のゲートと駐車場と思われる看板が。
画像




12:40 甘利山山頂駐車場に着く。先行した登山者が山頂から降り休憩
      していた。トレランの人は今山頂にいると。
画像














12:44 荷を下ろさずに先に進む、トレランが降りてきた。売店の前を
     通り東屋に向かう。
画像
















12:56 そして今日のお宿、東屋に着く。周辺の雪は少ないように見える。
      風もなく過ごしやすい。疲れた割には体は動いている。
画像













東屋の中にテントを張り休憩し夕方までは時間もあるので山頂に行く。


14:06 甘利山山頂。
画像






画像




















17:00 甘利山から降り茶を沸かし、ホットワインをいただきながら
      まったりとした時間を過ごし、夕景の撮影地点に、暖かな
      陽気で霞んで富士山は見えず。ここまで苦労して来たのに
      残念、自然はこちらの都合の良いようには行きませんから
      仕方がありませんね
画像













19:00 夜景。夕景は残念な結果でした、夜景はやはり富士山は雲の中。
     甲府の夜景は良く見えます。霞でクリアー状態ではないが良しと
     しましょう。
画像















画像















画像














画像























夜景撮影後は夕食です、撮影の時間後なので軽め(重量)の食事(カロリーは高い)
とし明日の朝景撮影に期待しおやすみなさい。

寒さ対策で十分な衣類、3シーズン用と、軽めの寝袋の合わせ使用で夜は暖かく、
風もなく静かな夜?だが、自然はそうはいかないですね。よそ者を警戒する警告と
思われる鳴き声、獣でしょうね足音、低いうなり声等々いろいろです。

一番聞こえたのは夜空を飛ぶ飛行機の音、絶えず聞こえていましたが、昼の疲れ
でしょうぐっすりと眠れました。

甘利山登山 3月20日の記事に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック