甘利山登山 平成29年3月19日(土)~20日(月祝)

冬季封鎖の林道を5時間かかって登ってきました。 春の写真が撮れました。よかったですよ。
画像














































コース 

甘利山山頂東屋→甘利山駐車場→(登山道)→甘利山近道→(林道)→椹池→栗平→湯橋→甘利山林道ゲート


3月20日(月祝)の記録

風もなく山頂としては暖かな朝を迎えつつあります。よく眠れました。


4:00
夜明けの撮影の準備をし撮影地に行く。北斗七星が良く見えています。今日の朝景は期待できそうです。
画像


























4:40
夜明け前の甲府の景色。
画像


























5:12 
少しずつ明るくなると夜景もその光を落とし空が赤みを帯び始めます。良かったです。今朝は富士山が春霞の中に浮かんでみることが出来ました。昨日の頑張りに天からの御褒美かな。
画像


























5:16
時間とともに明るくなり。夜景は静かに消えてゆきます。
画像














































5:26
さらに明るくなり。
画像


























5:39
日の出は左の方から、少し赤くなって来ました。
画像


























5:50
さらに赤く焼け。
画像


























5:52
出ました。
画像


























5:54
早いです、陽が登るのが。
画像


























6:02
太陽が高くなり、春霞の中に甲府の街も、富士山も包まれて。
画像


























6:05
その姿は霞の中に少しずつ消えようとしています。
画像























4時から甘利山での夜明けのショーは大満足でした。2時間寒い中カメラを通してたっぷり見させてもらいました。荷を背負い、長い林道を歩き、寒さに耐えて得た感動の一瞬でした。が記憶には長く残るでしょう。




陽はさらに高くなり、風のない穏やかな甘利山の山頂。撮影が終われば東屋に戻ってゆっくり朝食をいただき、しコーヒータイムを楽しみ下山です。




6:30 
朝食。具だくさんの野菜ラーメン、焼豚を入れて、卵をいれ、キムチを入れおいしゅうございました。
画像


























7:20
お世話になったお宿、装備の撤収です。
画像














































8:35
再びデカザックの出来上がりです。
画像













































8:40
東屋を後に山を下る。半分ほど雪溶し地面が出た駐車場まで降り周囲の写真を撮り。
画像


























画像














































8:50 
登山口から降りようとした時一台の軽トラックがゲート前に登ってきた。韮崎市の観光ガイドノ方だった。
点検作業の様でした。今年は非常に雪が少ないと話していました。
画像























しばらく話をし登山口から降りる。


9:15
一度車道に出る。きれいなカーブミラーがあったので自撮りしてみた。
画像



























9:41
再び山道を歩き甘利山神社に着く。登りではパスしたところ。
画像























神社前の急な階段を降りると林道に出そこからは昨日歩いた道を降りる。路面が固く重い荷が足にこたえる。



10:45
1時間ほど歩き振り向くと甘利山、あそこから降りてきたずいぶん遠くに見えるが。
画像














































11:12
研ぎ場を通り、ひたすらゲート目指して林道を歩く。
画像














































11:35 
ゲートに着いた。無事下山。そこに一台の軽トラックが降りてきた、山頂の駐車場にいた方だった。
画像














































最後に観光ガイドの方に写真を撮っていただきました。長かった2日間の山旅を思い、歩いてきた道を顧みる。
画像














































長い林道歩きに疲れはしましたが、夕景の撮影が富士山が見られず残念でした、しかしほぼ計画通りできたことで満足しています。

下山後ザックをそのままで家に帰り、重さを計ると 18 kg あった。消費したのは、持ち上げた水 3.1 リットル。4食分の食料。4食分の重さは推測だが合わせて約 23 kg以上あったと思われます。さらに1.5 kgのカメラを首から下げていたので足にかかる負担もその分多く、まあ、良く歩けたなと後から気づきました。

翌日、軽い筋肉痛ぐらいで何ら支障なく林道歩きの疲労は回復した。


次なる撮影登山は、4月の遠見尾根を目標、またまたデカザックで登りますか。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック