中ノ倉山・佛峠 平成29年2月26日(日)

以前から中ノ倉峠に写真を撮りに何度も登るうち、この先の
中ノ倉山や佛峠に関心を持っていた。
登山道はないのでネットで調べるとけっこう歩いた記録があり
今回撮影に来たこの機会に登ってみることにした。

コース 本栖湖中ノ倉トンネル入り口P→中ノ倉峠(展望台)→中ノ倉山→
     釜額方面分岐→佛峠→本栖湖ふれあいキャンプ場→(湖畔歩き)→
     本栖湖中ノ倉トンネル入り口P


8:55 中ノ倉峠から先の記録です。
画像






















8:55 千円札の写真が撮られたという場所のすぐ先にも岩場があって
     乗ってみると富士山が見える。
画像













   この場所からの富士山です。
画像













8:58 赤テープを目印に進みます。
画像





















9:05 古い目印も所々にあり以前から歩かれていたんですね。
画像













9:06 岩場もあります。 このルートはもちろんロープなどありません。
画像























9:07 道標です、新しいです。
画像















9:10 左側は樹間越に南アルプスが連なって見える。
     これはこのルート上ずうっと見え続きます。
画像















9:14 平坦な樹間を進みます。風もなく気持ちの良い道です。
画像






















9:28 林班界標が。
画像
















9:29 林班界標のすぐ先の登りに直登の踏み跡と、左へ行く巻き道
     らしい赤テープがありちょっとどちらにするか迷う。
     巻き道を行くが傾斜もきつく距離も短いので直登でもよかったかな。
画像
















9:36 大木。
画像























9:41 また道標です。
画像























9:52 苔むした石、ミニ庭園のよう。
画像















9:58 樹間奥に雨ヶ岳。
画像






















10:02 樹間に南アルプス。
画像















10:09 ここにも道標、道標はないものと思っていたので何本もありびっくり。
画像















10:10 左にアンテナの設置された個所を通り。
画像






















10:12 まもなく、中ノ倉山に着く。ここからも樹間越しに南アルプスが
      良く見えます。
画像















     三等三角点があり
画像















     標高は 1247m。
画像















     左側には本栖湖。
画像
















10:19 樹林帯のやせ尾根を通り。
画像





















10:25 明るい植林滞を通り。
画像





















10:26 中ノ倉・釜額への分岐に着く。
画像






















10:27 その先で いこいの森キャンプ場と佛峠への分岐に出る。
      ここでキャンプ場へ下るか、佛峠に進むかちょっと考える。
      佛峠から本栖湖へ降りるコースがあるのか把握していな
      かった。降りるコースがなければ戻ることにし前に進む。
画像














10::32  踏み跡が薄いが、稜線沿いに進んで。
       最終目的地の、佛峠に着く。道標もない、左右に踏み跡、
       ここを左へ降りる。
       前方のまっすぐ伸びる階段の先はどこ?
画像





















10:35 まもなく、先ほどの分岐からと思われる道と合流した。
      道標類、赤テープなどはなかった。右に進む。
画像












       しばらくの間、山の急斜面をトラバース。落ち葉の下は
       雪が氷り危険。2度ほど気づかずスリップ転倒、危うい
       思いをした。かろうじて急斜面を滑落せずにすみ ほ!
画像






















10:47 本栖湖を見、さらに降る。
画像














10:50 植林滞を通り。
画像






















10:58 湖畔のキャンプ場に着く。
     降りた付近に佛峠への案内や、道標は全く見られなかった。
     こちらから登のは非常に判りずらい。事前情報をしっかりと
     収集して行かないと難しい。登る場合は。写真の建物の右、
     大きな木のところから建物の裏へ廻って山へとりつく踏み跡
     がある。
画像














      湖畔の展望を楽しみながらを歩いて。

      キャンプ場の前から。三ツ峠かな?
画像














11:19 湖畔から雨ヶ岳方面。
画像













      さらに少し進んで、竜ヶ岳の山裾と雲に隠れた富士山。
画像





















11:42 浩庵、キャンプ場に着く。
画像















11:46 駐車場に戻る。
画像
















中ノ倉山、佛峠ルートは地味なコース、なんにもない、しかし歩いてみると
時期が良かったのか、静かな佇まい、踏み跡の薄い落ち葉のある登山道、
右の樹林越しに南アルプスの山々、左に富士山の展望がありこの上ない
満足感と充実した山歩きができた。

たびたび歩く山ではないが季節を変えて歩くのもまた良し。


これで今回の、本栖湖の、夕景、夜景、朝景と中ノ倉山、佛峠登山はおしまい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック